カスタムフィールドを一括置き換えに対応させる

独自のカスタムフィールドをWordPressの一括編集に対応させたい

独自に作成したカスタムフィールドの値を、一括編集に対応させる処理を実装しました。

一括編集は、こういう感じの編集画面。

1つ1つ編集しなくても、一度に情報を書き換えることが可能です。

 

検索をしても、クイック編集に対応させる記事はあっても、

カスタムフィールドをWordPressの一括編集に対応させる記事が、ほとんどありませんでした。

 

日本語でWordPressの「bulk_edit_custom_box」に言及している記事が少なすぎる・・・。

2件って(汗

Googleの検索設定の幅を広げれば、もっと出てくることは出てきますが。

それでも、自分がやりたいことに対する回答は、ほぼここにしかなかったので

Plugin API/Action Reference/bulk edit custom box

https://codex.wordpress.org/Plugin_API/Action_Reference/bulk_edit_custom_box

この辺りの、非常に有益な記事と組み合わせながら実装してみました。

カスタムフィールドの入力値をクイック編集モードから編集可能にする方法

http://www.wp-tech.net/wordpress_tips/2122/


カスタム投稿の一覧画面からカスタムフィールドをクイック編集できるようにする方法

https://ruuski.net/web/quick-edit-custom-field-in-custom-pot-type/

 


まずは、カスタムフィールドのカラムを表示する

こちらは、本当に参考サイトの通りに行けば実装できます。

本家のコードへのリスペクトとして、コードそのものではなく、画像を貼らせていただきますので、

コード自体は、本家からコピペしてください。

本家の広告タグなど、ポチッとしていただければ、拝借も苦笑いで許していただけるかと・・・。

 

 

quick_edit_custom_boxではなくbulk_edit_custom_boxを使う

ここからが、僕が参考サイトだけではできなかった部分。

quick_edit_custom_box のAPIを使えば、クイック編集に表示ができるんですが、

僕がやりたいことは、「一括編集」で、カスタムフィールドを操作すること。

 

そのためには、bulk_edit_custom_box を使う必要がありました。

こちらは、Plugin APIリファレンスに書かれていることと、

上記の参考URLを共存させてカスタマイズしました。

 

function display_my_custom_quickedit( $column_name, $post_type ) {
 static $print_nonce = TRUE;
 if ( $print_nonce ) {
 $print_nonce = FALSE;
 wp_nonce_field( 'bulk_edit_action', $post_type . '_edit_nonce' );
 }
 if( $column_name == 'カスタムフィールド' ):
 ?>
 <fieldset class="inline-edit-col-right inline-custom-meta">
 <div class="inline-edit-col column-<?php echo $column_name ?>">
 <label class="inline-edit-group">
 <span class="title">カスタムフィールドの説明</span><input type="checkbox" name="カスタムフィールド" value="1" />
 </label>
 </div>
 </fieldset>
 <?php
 endif;
}
add_action( 'bulk_edit_custom_box', 'display_my_custom_quickedit', 10, 2 );

 

赤文字になっている部分は、環境に合わせて書き換えてください。

そして、これに合わせて、javascriptを読み込ませます。

読み込ませる部分については、本家の通りなので、こちらも画像にて貼り付けます。

コードは、本家を参照するとともに、広告タグを(以下略

 

javascriptで保存処理をする

さて、肝心なjavascript部分。

(function($) {
	// we create a copy of the WP inline edit post function
	var $wp_inline_edit = inlineEditPost.edit;
	// and then we overwrite the function with our own code
	inlineEditPost.edit = function( id ) {
		// "call" the original WP edit function
		// we don't want to leave WordPress hanging
		$wp_inline_edit.apply( this, arguments );

		// now we take care of our business

		// get the post ID
		var $post_id = 0;
		if ( typeof( id ) == 'object' )
			$post_id = parseInt( this.getId( id ) );

		if ( $post_id > 0 ) {
			// define the edit row
			var $edit_row = $( '#edit-' + $post_id );
			var $post_row = $( '#post-' + $post_id );

			// get the data
			var $カスタムフィールド = $( '.column-カスタムフィールド', $post_row ).attr('checked');

			// populate the data
			$( ':input[name="カスタムフィールド"]', $edit_row ).attr('checked', $カスタムフィールド );
		}
	};

	$( document ).on( 'click', '#bulk_edit', function() {
		// define the bulk edit row
		var $bulk_row = $( '#bulk-edit' );

		// get the selected post ids that are being edited
		var $post_ids = new Array();
		$bulk_row.find( '#bulk-titles' ).children().each( function() {
			$post_ids.push( $( this ).attr( 'id' ).replace( /^(ttle)/i, '' ) );
		});

		// get the data
		var $カスタムフィールド = $bulk_row.find( 'input[name="カスタムフィールド"]' ).attr('checked') ? 1 : 0;

		// save the data
		$.ajax({
			url: ajaxurl, // this is a variable that WordPress has already defined for us
			type: 'POST',
			async: false,
			cache: false,
			data: {
				action: 'save_bulk_edit_カスタム投稿タイプ', // this is the name of our WP AJAX function that we'll set up next
				post_ids: $post_ids, // and these are the 2 parameters we're passing to our function
				カスタムフィールド: $カスタムフィールド
			}
		});
	});
})(jQuery);

 

環境に合わせて調整が必要な箇所は、赤文字にしています。

カスタムフィールドだけではなく、カスタム投稿タイプの値も必要なことにご注意ください。

固定ページであれば、’page’ になります。

 

これで、カスタムフィールドの一括置き換えが可能になります。

まぁ・・・・Admin Columnsプラグインの、プロ版を買ったほうが早いのかもですが(汗

こんな開発室も読まれています