お客様フォローアップのためのニュースレター

京都北野デトックス&エイジングケアフローイングの明光紗和子です

姉店モモズアロマルームでは、約5年ニュースレターを3ヶ月に一度お客様にお送りしています。

12810237_1013400538727615_1680707925_o

ニュースレターについての書籍も多いですが、実際サロンでニュースレターを送ったらどういう効果があるのか、体験をシェアしていきたいと思います。

 

保険営業時代、何ヶ月も提案していたお客様のお返事がなく、上司に 「このお客様はもう入らないから数字に出すな!」と、とうとう言われたその日のお昼に、お客様から印鑑をついた申込書をいただいたことがあります。

今思えばぞっとしますが、若かったのでしょう。

私はその上司に

「毎回私が作った提案書が、ちゃんとお客様に営業してました」

と言い捨てました。

はい、すいません。若気の至りです。

 

若気の至りではありますが、本当です。

ちゃんとお客様を思いながら、作った提案書やお手紙は必ずお客様に届くと思っています。

 

【ニュースレターはクラス新聞】

12789852_1013400582060944_1399730064_o

ニュースレターはラブレターという例えも有りますが、ラブレターって最近書きませんよね。

だからそこまで重たく考えなくてもいいと思います。

 

当店では、学校でもらう先生からのクラス新聞的なものをイメージして作っています。

学校に行けない家族は、あ〜こんなことしてるんだとか、自分のことが書かれてたらちょっと嬉しかったり、イベントごとが知れたり。。。

ちょっとイメージ湧きます?

ラブレターだったらちょっと重たすぎますよね?!

ただ前回の企画書もターゲットについて書きましたが、
お客様一人をイメージして内容を書いていくと効果的なものになります。

 

【ニュースレターの目的は?】

ニュースレター=クラス新聞というイメージをしてもらいましたが、 ではサロンにおけるニュースレターの目的って一体なんでしょうか?

当店では リピーター様のフォローアップツール です。

 

もし来られていなくても、私たちは今こんな感じです、こんな商品がオススメですとか、情報をお伝えして、ホームケアやサロンケアに役立ててもらいたいと思っています。

サロンに来られた時にも伝えているけど、さらに強調してお伝えしたいことを書いたりもしています。

 

【さてどんな内容を書けばいいでしょう??】

ニュースレターはすぐに効果が出るものではありません

続けることで、お客様と繋がって入られます。

始めたらやり続けてください。
これ最大のポイントです!!!

 

当店ではA4カラー1枚です。

季節の挨拶 精油の紹介 ホームケアのワンポイントアドバイス イベントのお知らせ こだわりの商品などなど。。。

特にこだわりの商品は反応がわかりやすいです。

「この間書いてあった、商品ってどうなん?」と、お客様からお声がけいただいたりします。

 

「毎回私が作ったニュースレターが、ちゃんとお客様に営業してました」

と大声で言いたくなる瞬間です。

 

ここでのポイントは商品や新メニューの内容を書いても、割引やキャンペーンなどは書かないことです。

例えば、 ”プラセンタサプリがオススメ 今お買い上げいただくと2000円オフ”・・とか、しないことです。

 

ニュースレターも営業ツールですが、お得感を出す必要はりません

事実を事実として、セラピストの感想や思いをお届けするのがポイントです。

 

もしも、どうしても売り出したいものがあるのなら、別紙でキャンペーンチラシを入れるのがオススメです。

 

【見やすさ読みやすさ、サロンらしさ】

12790152_1013400548727614_20378496_o

ニュースレターの醍醐味はアナログにできるところです。

スタイリッシュに作る必要がないので、手書きの部分があってもいいし、色鉛筆で色塗りしてもいいと思います。

逆にそちらの方が、ブログやHP、チラシとは違う雰囲気が出て効果抜群です。

 

ただ小さすぎる字や汚すぎる字は問題外。

読んでもらえるデザインは最低限必要です。

 

そして、サロンらしさ、自分らしさも忘れずにしてもらったら、次回来店時に ニュースレターの話で花が咲くはずです。

 

溜まっていったニュースレターの分だけ、サロンの歴史です。

大切に書いたことは、お客様にも必ず伝わるはずです。 まずは始めて続けてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る