一人サロンのための一人企画会議のすすめ

京都北野デトックス&エイジングケアフローイングの明光紗和子です

私は京都で10年以上個人サロンを運営しているのですが、 一人サロンでもキャンペーンやイベントの企画書を作るべきだと思っています。

そのことで、キャンペーンにより愛着が生まれてくるし、終わってから後の反省もしやすくなります。 そして何より安易な安売りキャンペーンをしないようになります。

 

こんなキャンペーン良く見かけませんか?

ご新規様◯◯円オフ! 今だけ◯◯%オフ

もしサロン運営に日が浅かったり、まだまだ目標には届いてないと思っている方は、 今からすぐに企画書を作ってください。

たった1枚の企画書で十分です。CAFEnomadojyosi15221149-thumb-1000xauto-16096

 

 

一人サロンのための企画書

  • 1)コンセプト
  • 2)ターゲット
  • 3)内容
  • 4)金額
  • 5)期間
  • 6)動員人数

以上6つで十分です。

 

では今回は当店で3ヶ月に1度変える季節のキャンペーンの企画を例に、一つずつ説明していきます。

 

もちろん季節のキャンペーンをすると一番初めに決めた時は、なぜ季節のキャンペーンをするかという企画書を作っています。

詳しくははしょりますが、価格を安くすることなく、リピーター様に季節に合わせたボディとフェイスメンテナンスをご提案するのが目的です。

 

1)コンセプト

概要です。このキャンペーンはどんな目的なのかを考えます。 季節に合わせたメンテナンスなので、 春のキャンペーンでは、 花粉症にクローズアップして、免疫アップするために、体温を上げる、花粉症を和らげるトリートメントを提案しています。

 

2)ターゲット

6個の項目でターゲットが一番大切だと思っています。 もしサロンにご来店されたことのあるお客様がおられるなら、その中の数名をイメージするのがオススメです。

もし最近来られてないお客様がおられて、コンセプトに合うような方がおられれば、その方をイメージして、 年齢、趣味、年収、家族構成、職業などを書き出していきます。

複数おられるならミックスして、一人の理想のお客様像を作っていく感じです。

 

3)内容

季節のキャンペーンでは通常メニューにないものを取り入れる最大のチャンスだと思っています。 流行りものやいつもはないおもてなしなど、普段はできないことを、今だけできるのがいいところです。

ココナッツオイルや水素とか、エンドユーザーが知ってるけれど、知らないことを提供できるの上、値下げする必要がありません。 よく言われる付加価値ですね。

通常高価であまり出ないけれど、やってもらったら絶対いいと分かってもらえるメニューも、 時間を短くしたりして、お求め安くする方法もオススメです。

良さがわかってもらえると、通常メニューに移行することが多いです。

 

4)5)はそのままですが、

値段はかなり悩みます。 基本は理想の客単価にすることです。

通常一人単価が3000円だけれど理想は5000円なら5000円にする。

ただ、お得感とスペシャル感が必要なので、内容大変重要になります。

 

5)は当店では基本的に3ヶ月ですが、年間のいろいろな行事で変わることもあるので、6ヶ月スパンくらいで次々考えていきます。

6)動員人数 目標値があると反省できます。 ぜひ決めてください。

 

キャンペーンが終わった後に、何が良かったか何がダメだったか、見直すことでサロンがより素敵になっていくはずです。

 

さあ、お客様が来ずに悩んでいる方。

まず企画書を作ってみてください。 もし誰か見てくれる人がいたら、見せてください。

これ来たくなる?って聞いてみてください。

絶対楽しいキャンペーンや企画ができるので、どうぞ楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る