ホームページの表示速度が、
検索順位の評価の1つになる

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、

2018年の7月から、Googleがページ表示速度を、モバイル検索の結果に反映するという

「Speed Update」を実施するというアナウンスを出しています。

 

アナウンスの中には、「ごくわずかな割合にしか影響しない」と、触れてあるので

ページがしっかり作り込まれていて、ユーザーにとって必要な情報が書かれている場合は、

例えページ表示速度が遅くても、検索上位に表示されることはあるようです。

 

ページの読み込み速度を
モバイル検索のランキング要素に使用します

https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/01/using-page-speed-in-mobile-search.html

Googleがスピードアップデート(Speed Update)を導入、
2018年7月からページ表示速度をランキング要因に

https://www.suzukikenichi.com/blog/google-will-roll-out-speed-update-in-july-2018/

 

ただ、それでも、
多くの場合は、「ページ表示が遅くても大丈夫」ということにはなりません。

検索順位の影響以前に、サイトを訪問するユーザーにストレスを与える可能性があるからです。

 

きっと、経験がある方も多いと思いますが、

せっかく検索に出てきても、ページの表示があまりにも遅かったりしたら、

諦めて別のページを探しに行くこともあると思います。

 

実際に、どのくらいのストレスがあるかを調べるツールを

Googleが出しているので、ぜひご自身のサイトをチェックされることをお勧めします。

 

モバイルサイトの速度をテスト

https://testmysite.withgoogle.com/intl/ja-jp

すると、回線の遅い3G回で、何秒くらいで表示されるかがわかります。

また、その際に、訪問者が離脱しやすいかどうかも、指標を出してくれます。

image-ホームページの表示速度が、検索順位の評価の1つになる | WordPressを使ったサロンホームページのヒーリングソリューションズ

image-ホームページの表示速度が、検索順位の評価の1つになる | WordPressを使ったサロンホームページのヒーリングソリューションズ

 

便利なホームページ制作サービスは、
全体的にページ表示速度が遅い傾向がある

最近、SNSで、

「ホームページを作りました」と、シェアされるページをみると、

簡単に素敵なページを作ることができる便利なサービスを利用している方が増えているなぁと思います。

 

例えば、よく見るのが、

  • ペライチ
  • Wix
  • Jimdo(最近、日本では減ってきたかな・・)

で、制作されたホームページ。

 

例えばこちらは、「大都市名 + 技術名 + ペライチ」というワードで検索をして、

1番上に表示された方のホームページの、検証結果です。

 

image-ホームページの表示速度が、検索順位の評価の1つになる | WordPressを使ったサロンホームページのヒーリングソリューションズ

最近のスマホや、PCで表示する分にはストレスを感じませんが、

表示としては、少しだけもたつく感はありました。

 

また、この表示速度を改善するのは、上記に挙げた便利なツールでは、難しいと思われます。

「ホームページの知識がなくても、素敵なホームページを作ることができる」

という機能に特化して、汎用化しているので、

ページの表示速度を上げることに対する優先順位は、高くないはずです。

 

便利なホームページ制作ツールは、
ランディングページ利用がお勧め

では、ペライチや、Wixのような便利なツールがダメかというと、全くそんなことはありません。

むしろ、ランディングページとして使うのであれば、簡単にすぐに作れて、それだけで十分に機能します。

 

また、ランディングページ(いわゆる、宣伝用ページ)であれば、

Googleの検索連動型広告や、Facebook広告などを併用すると思うので、

検索順位は全く関係ないケースもあります。

 

表示速度が多少遅くても、クリックした人は広告を見て、目的意識を持って見ているので、

普通に気軽に検索した人よりも、表示待機時間は長い傾向もあるでしょう。

 

サービスの特性上、ペライチや、Wixなどのツールを「ホームページ」として利用するのは、どこかで限界が来るかもしれませんが

フットワークの軽いランディングページとして使う分には、十分に価値があります。

 

 

 

日本で、ページの表示速度が問題になるケースは稀。
だけど、表示速度は無視できない

正直、日本はスマホも普及しているし、3G回線よりも更に早い4Gが一般的です。

 

3G回線での検証が必要なのは、日本以外の国がほとんどなので、

日本国内のことだけを考えているなら、表示速度がすごく問題になることは、ないでしょう。

 

とはいえ、Googleは近年、スマホでの表示速度について、少しずつシビアになってきている傾向があるので、

今後、この傾向が止まることはないはずです。

 

じわじわとですが、徐々に検索結果に響いてくると予想されます。

 

ホームページの表示速度で、
大事なのはお客様感情

ホームページの表示速度が、検索結果に及ぼす影響は、

今のところはインパクトは大きくないはずです。

 

ただ、あまりにも表示する速度が遅い場合は、

順位は影響しなくても、お客様の感情としてストレスがかかることがあるので

ページの表示速度は重要な指針です。

 

すぐにできる表示速度の軽減策

もし、ページの表示速度を早くしたいと思った場合、

すぐにできるのは、写真の枚数を減らすことです。

 

特に、最近増えてきた、ホームページの途中で、横幅全体に広がる写真が入る部分。

読み込み遅延処理などで、影響を減らしている場合も多いですが、

それでも、この演出のおかげで重くなっているサイトは、多く存在します。

image-ホームページの表示速度が、検索順位の評価の1つになる | WordPressを使ったサロンホームページのヒーリングソリューションズ

こういうものですね。


本当に必要な場合は、残しておいたほうがイメージがいいのですが、

雰囲気だけでつけている場合は、いらないケースが多いです。

 

写真を小さくして、左右に配置してみたり、

image-ホームページの表示速度が、検索順位の評価の1つになる | WordPressを使ったサロンホームページのヒーリングソリューションズ

例えば思い切って小さめにして、
真ん中に配置してみたり。


ちょっとした工夫でも、ページの表示速度が上がるケースがあります。

 

僕の場合は、画像の最適化とか、CSSの圧縮とか、なんちゃらかんちゃら難しいことを導入して

写真が多めのデザインサイトでも、ようやく「普通」を出せるようになりました。

image-ホームページの表示速度が、検索順位の評価の1つになる | WordPressを使ったサロンホームページのヒーリングソリューションズ

 

GoogleのPageSpeed Insights では、PC表示もスマートフォン表示も、「Good」評価に。
画像を外部の CDN化するとかすれば、もっと爆速になるんですが、それは色々考えて、やっていません。

image-ホームページの表示速度が、検索順位の評価の1つになる | WordPressを使ったサロンホームページのヒーリングソリューションズ

 

 

 

一般的なホームページでは、ここまで速さにこだわる必要はないとは思いますが、

今後のGoogleの動向的には、僕は表示スピードも意識しながら、作っていきたいと思っています。