カメラマンに撮影を依頼する時に、必ず伝えること | サロンのホームページ制作 Healing Solutions

カメラマンに撮影を依頼する時に、必ず伝えること

サロンのホームページやパンフレットで使用する写真を撮影する際に、
プロのカメラマンに依頼する方もいると思います。

R_IMG_9999

写真には、本当にこだわった方がいいと思うので、
資金に少しでも余裕がある方は、ぜひカメラマンさんに撮影してもらってください。

最初に、3万〜5万円くらいの費用が必要になるかもしれませんが、
その写真は、ずっと使い続けることができるので。

そして、早めに写真を撮影して、ホームページにも、パンフレットにも同じ写真を使い始めると、

その写真 = あなたのサロン

という、ブランドキャッチになります。

R_IMG_0509

 

いい写真は、ぜひ早めに撮影するようにしましょう♪

 

プロのカメラマンに依頼する時に、必ず伝えること

写真撮影のプロに口出しをするのって、なかなか勇気がいることかもしれません。

実際に、以前、男性のカメラマンさんに依頼をしたところ、
要望を伝えるのが怖くて、希望の写真を結局撮影してもらえなかった・・・といったケースもありました。

それでも、以下の点は必ず伝えるようにしましょう。

 

必ず、横の写真も撮影してもらう

カメラマンが人物を撮影する時、ついつい縦長の写真を撮影したくなります。

バストショットという、胸元から上の写真を撮影するのに慣れているからだと思います。

 

けれど、サロンのホームページに使う写真は、どちらかというと横長の写真が多いです。

例えば、ホームページのトップに配置するキービジュアル。

これは、ほとんどの場合、横長です。

スクリーンショット 2014-02-08 11.37.58
写真: 東京のアーユルヴェーダサロン VERMA

 

スクリーンショット 2014-02-08 12.15.52
写真: 東京のヒプノセラピーサロン Uriel Japan 〜ウリエル ジャパン〜 様

 

スクリーンショット 2014-02-08 12.18.03
写真: タントラヒーリングサロン Sacred Temple

 

縦長の写真も、活用する場所は多いのですが、
同じ写真を、横長でも撮影してもらうように、できるだけ伝えてみましょう。

また、横長で撮影する場合は、そのままの比率で使用することはほとんどありません。

上下を切り取って、トリミングをして使います。

なので、できるだけ横いっぱいを意識して、
上下の部分は捨てる感じの写真を撮影してもらいたいところです。

 

実際の写真

R_IMG_0229
写真: 名古屋のほぐし&ロミロミサロン rubbing 〜らびんぐ〜 様

 

ホームページのメインで使用した写真

main01

 

 

できるだけ、午前中〜昼過ぎあたりで撮影する

写真撮影は、できるだけ早い時間の方がオススメです。

なぜなら、夕方からの撮影だと、時間によっては日が沈みゆくからです。

 

撮影している最中に、どんどん赤みや色合いが変わって行く。

そうすると、使用段階で色の調整が必要になってきますし、
ツールを作る時に、デザインの整合性が取りにくくなってしまいます。

また、薄暗い時間に、照明やストロボを使って撮影すると、「強い光」の写真になります。

バウンスという手法もあることはありますが、どうしても影がくっきり出てしまったり、
不自然な色合いになってしまうこともあります。

本当に腕のよいカメラマンさんであれば、明かりを自在に操るので、
その辺りは気にしなくてもいいかもしれませんが、
サロンの雰囲気を上手に伝える時に、
自然な明かりが一番「ふんわり」しているのは、間違いないことだと思います。

R_IMG_9979

 

なので、撮影時間はできるだけ早めに設定するようにしましょう。

 

必ず、色合いのイメージを伝える

実際の写真撮影が始まり、数枚ほど撮影した段階で写真を見せてもらいましょう。

自分にぴったりのカメラマンさんに出会うことができていたら、
その段階で、「わぁ〜、きれい!」という感想を持つはずです。

けれど、どこか、違和感を感じたとしてたら、ほとんどの場合は、「色味」です。

 

カメラマンの多くは、構図のプロです。構図で失敗していることはほとんどないと思います。

ですが、色味は、カメラマンによって好みがあります。

特に、商業カメラマンさんですと、「いかに、はっきり撮影するか」ということに意識が行きがちなので、
色合いも、はっきりくっきりしている場合があります。

そんなときは、色合いだけでも伝えるようしましょう。

「明るめが好きです」

「空から天使が降ってくるイメージで」

「白い光に包まれているような感じで」

R_IMG_0386

 

抽象的でも、ぜんぜん問題ありません。

あなたの持っているサロンのイメージを伝えることが、とっても重要です。

 

 

写真撮影を検討している方は、ぜひ、参考にしてみて下さい。

そして、こんな素敵なカメラマンさんもいらっしゃるので、ご紹介させて頂きます♪

tsugu_main01
写真: プロフィール写真の人柄写心家 Tsugu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(・・・あ、弊社でも撮影は請け負っています 笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
mautic is open source marketing automation