1. HOME
  2. ブログ
  3. GoogleMapのAPIキーが必要なのはどんな場合か

GoogleMapのAPIキーが必要なのはどんな場合か

巷で話題になっている「GoogleMapが表示されなくなるかも事件」

googlemap

でも、自分のホームページは表示されてるし・・・

難しいことはよくわからないから、まぁいいか・・・

 

的になっているサロンオーナー様もいらっしゃると思います。

今回は、GoogleMapのAPIキーについて説明します。

 

 

まずは、Googleの該当部分の引用から

Standard Plan Updates

Google Maps APIs Standard Plan updates implemented on June 22, 2016, are as follows:

  1. We no longer support keyless access (any request that doesn’t include an API key). Future product updates are only available for requests made with an API key.
  2. We have implemented a simple 25,000 map loads per day free limit for new Google Maps JavaScript API, Static Maps API, and Street View Image API implementations. The rolling 90-day grace period for existing applications is being retired on October 12, 2016.
  3. We have reduced the maximum daily map load limit you can purchase for Google Maps JavaScript API, Static Maps API, and Street View Image API from 1,000,000 to 100,000 requests. Developers requiring higher quota should contact Sales to discuss a Premium Plan license.
  4. We now count Google Maps JavaScript API client-side service requests towards the daily limit of the associated web service API.

 

要約すると

  1. 今後は、APIキーがないアクセスをサポートしません
  2. 無料で使えるGoogleMapは、1日25000回までです。10月12日以降は、90日間の猶予期間がなくなります。
    ※これまでは、90日間連続で上限を超えた場合にのみ制限をかけられていた。
  3. 1日の最大表示回数が100万回から10万回に引き下げられます
  4. クライアント側は無制限だったけれど、今後はクライアント側とサーバー側の両方のアクセスを集計します

という感じです。

 

どんな人が、GoogleMap非表示の対象になるか

まず、2016年6月22日より前に公開していて、GoogleMapを埋め込んでいるホームページは、

基本的には対象になりません。

 

おそらく、新規オープンのサロン以外のホームページは、概ね正常に表示され続けると思います。

ただし、GoogleMapを使った別の何かのサービスを使用している場合は、

そのサービス自体が停止をして、表示できなくなる可能性もあります。

 

例えば、「ポケモンGO」のように、

地図と位置情報を駆使したサービスを提供する場合。

GoogleMap側としては、無料でバンバンサービスに使われても困るわけですね。

なので、GoogleMapにアクセスできる上限回数を制限するとともに、

超過分については、1アクセスごとに課金して行くプランとなります。

 

 

また、一般的なホームページの例としては、

GoogleMap側が、今後APIキーを埋め込んでいるサイトを優遇することも考えられるので

新しくリリースされた機能が使えなくなるという弊害は出るかもしれませんし、

APIキーが埋め込まれていない場合は、優先的に広告を表示するなども、もしかしたら出てくるかもしれませんね。

 

なんにしても、

数年前からホームページを持っていて、GoogleMapを埋め込んでいるだけのサロンさんは、

基本的にはGoogleMapは表示され続けると考えて大丈夫です。

 

もし

営業)「GoogleMapが表示されなくなるって、ご存知ですか?

今なら有料プランが〜・・」という営業電話がかかってきたら

 

サロン)「あー、2016年6月22日あたり以降に作成したホームページだと

APIキー(えーぴーあいきー)が必要っていうやつですね。

それ以前にウェブマスターツールとかGoogleのアクセス解析とかに登録してたりしたら大丈夫のはずですが、何か追加の情報知っていますか?」

と、逆質問してみましょう。

 

営業)「はい。アクセス数の上限が制限されたので、表示されなくなる場合があるんです。

地図が表示されなくなったら、大変ですよね。どうされますか?」

とか聞かれたら、

サロン)「私の知っているサロンの中で、1日に25000アクセス以上あるサロンを知らないんですけれど、

御社のクライアントでは、そんな世界的に人気なサロン様があるんですね!

ぜひ、勉強させていただきたいので、サロンのお名前などを教えていただけますか?」

と、畳み掛けてみましょう。

 

 

まぁ・・・・・・ただ、

なんらかの理由で表示されなくなった場合や

GoogleMapが表示されないと非常に困るというサロンさんは、

今のうちにAPIキーを埋め込んでおくと安心ですね。

 

GoogleMapのAPIキーを埋め込む方法

GoogleMaps APIのページに移動します

https://developers.google.com/maps/?hl=ja

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-15-42-38

 


今回はホームページに埋め込むので、「ウェブサービス」を選択します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-15-47-25

色々書かれていますが、ページの上部に「キーを取得」というリンクがあるので、こちらをクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-15-48-02

なにやら説明が出ますが、確認をして「続ける」をクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-15-48-07

 

ここでは、すでにプロジェクトがある場合はリストが出ますが、

初めての場合は、「プロジェクトを作成」のまま、「続行」をクリックします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-15-48-29

少し時間がかかりますが、プロジェクトが作成されるので、名前をつけます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-15-49-17

このままだと、誰にでもこのキーを使われてしまうので、

特定のサイトからのアクセスだけに制限するようにしましょう。

今回は、ホームページに貼り付ける用なので、「HTTPリファラー」を選択します。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-15-50-19

どのサイトからのアクセスを許可するかの部分に、使用するホームページの情報を入れます。

例えば、僕のホームページのみなら

*.healing-solutions.jp/*

とします。

「*」マークは、「何か」という意味なので

https://www.healing-solutions.jp/ でも

http://test.healing-solutions.jp/test/ でも

認識されます。

 

すると、APIキーが作成されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-15-50-34%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

ホームページの方には、こんな形で埋め込みます。

<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=XXXXXXXXXXXXX"></script>

これを、head内や、任意の場所に貼り付けることで、APIキーが認証されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

mautic is open source marketing automation