お客様はホームページのどこを見ているのか 【Smartlookの導入方法】 | サロンのホームページ制作 Healing Solutions

お客様はホームページのどこを見ているのか 【Smartlookの導入方法】

サロンのホームページを運用している人の多くが、アクセス解析を入れていると思います。

もし、まだアクセス解析を入れていない場合は、ぜひこちらの記事をもとに、解析ツールを入れてみてください。

 

なぜ、アクセスの解析なのか?

サロンオーナーさんの多くは、「アクセス解析」と言うと、抵抗感を抱く方もいらっしゃります。

理系の難しいもの・・みたいな印象とか、

何を見たらいいのかわからない・・・という印象とか。

 

でもそれって、

サロンにいらっしゃったお客様の悩みを聞いているのに

「どうしたらいいか、わからない」

「お客様の何を見て判断すればいいか、わからない」

と、お客様に言うのに似ている気がします。

 

もちろん、サロンオーナーさんが、アクセス解析のプロになる必要はありません。

ホームページのことも、詳しくわからなくても大丈夫です。

 

ただ、「ホームページを使って、サロンの集客をしたい」と、思っている場合には

アクセス解析は必須です。

 

お客様のニーズを少しでも理解し、

少しでもわかりやすくて、お申し込みがしやすい導線を作るのに役立つからです。

 

アクセス解析は、「なんか、入れると集客につながるらしい」というツールではありません。

サロンで言うと、カウンセリングシート。

それ自体はただの紙ですが、お客様の悩みを書き込んでいただいて初めて、意味のあるデータになります。

そして、そのデータを活用して、お客様に最適なサービスをご提案することは、サロンオーナーさんの仕事だと思います。

 

GoogleAnalyticsで解析できること

まずは、シンプルに、Googleのアクセス解析ツールで解析できる内容をお伝えします。

全体のアクセス数

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-7-10-56

 

どのページに、どのくらい滞在しているか

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-7-12-10

どんな行動フローをたどっているか

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-7-14-43

 

ご予約してくれた方は、どういう行動フローを通っているか

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-7-19-55%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

これらの解析は、GoogleAnalyticsで見ることができる、ほんの一部ですが、

とても重要な解析データを見ることができることが、少しでも伝われば幸いです。

 

GoogleAnalyticsでは、まだ解析できないもの

ただし、GoogleAnalyticsだけでは、まだ解析できないデータがあります。

それは、サロンオーナーさんにとっても、とても意味があるデータです。

 

何かというと

「実際のお客様は、ホームページのどこを見ているか」

 

クリックするのに、どこで迷って、どこで戻って、いつ「ご予約」をクリックしたか・・

というデータです。

 

img_0037

 

例えばサロンで言うと

「このお客様は、何を見て、お問い合わせしてくれたのか」

「このお客様は、何を見て、お問い合わせを諦めたのか

ということが、わかります。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-8-19-24%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

これは、実際の動作画面はお見せできない運用データですが、

いくつかのコースを迷いながら、4分弱でお問い合わせページに移動していることがわかります。

 

 

サイト上の導線データを録画するには?

実はこのデータ、無料ですぐに、解析を始めることができます。

 

smartlookという解析サービスで。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-7-37-55

 

導入は本当にかんたん。

「今すぐ開始」をクリックすると、メールアドレスとパスワードを設定する画面になります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-7-50-37

 

メールアドレスに届いたリンクから認証すると、ウェブサイトを追加するページに移動できます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-7-48-31

 

ページを追加すると、解析をするためのコードが表示されます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-7-48-42%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

あとは、GoogleAnalyticsのトラッキングコードを貼り付ける要領で、

ホームページのソースコードのどこかに、このコードを貼り付ければ、すぐに解析が始まります。

 

WordPressを使っている場合は、「管理者のアクセスは集計しない」という状態にしておくと、

余計な解析をせずにすみます。

 

 

こういうサービスを導入する時、「怪しい」と思うのは、日本人の特徴かもしれません。

僕は、このサービスの管理者ではないので、100%はわかりませんが、

僕なりに調べたことを書いてみますね。

 

なんで無料なの?

ホームページ上に、その理由が書いてある箇所があります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-06-7-58-39

要は、「別の有料サービスがあるから、そっちで利益を出しているよ」ということですね。

より高機能な、月々8ドルくらいの有料サービスの提供も行っています。

ただ、それは別プロジェクトとなるので、無料ユーザーが自動的に有料課金されることはありません。

 

利用規約は大丈夫なの?

利用規約も、英語でしたが読んでみました。

「自己責任で使ってね」

「データは、解析とかに活用することもあるけれど、理解してね」

「第三者のサービスと連携するときは、そちらの規約をちゃんと読んでね」

「今は無料だけど、有料にする場合は、30日前くらいにはちゃんと通達するね」

というようなことが書いてあります。

 

データを活用されるんじゃないかと、不安

こういうサービスを紹介する時、よく言われるのが、「怖い」というものです。

よくわからないところにデータを使われるんじゃないかと、不安とか。

 

その観点で言うなら、アメブロのほうがよっぽど不安なので、すぐに解約をしたほうがいいです。

また、ガソリンスタンドで、Tポイントを貯めている人も、すぐにやめたほうがいいレベルです。

LINEなんてやっている日には、個人情報の管理リスクははるかに高まります。

 

そのくらい、「お客様のデータを活用する」というのは、身近です。

もちろん、慎重になるに越したことはありませんが、

むやみに不安がるのも、今の世の中的には違うかなーと、思います。

 

お客様が、自分のホームページのどこを見てくれているのだろう・・?

と、興味がある方は、試してみる価値があるツールだと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
こんな記事も読まれています
mautic is open source marketing automation