WordPressのWEBサーバーとメールサーバーを分ける | サロンのホームページ制作 Healing Solutions

WordPressのWEBサーバーとメールサーバーを分ける

ロリポップなどの、格安レンタルサーバーは

サロンオーナーさんにとって、かなりお値打ちなサービスです。

スクリーンショット 2014-02-13 13.04.17

最近のロリポップは、モジュール版PHP(スタンダード以上)に対応したり、

ページの表示速度を速める施作をしてくれているのですが・・・

それでも、WordPressでの運用はめちゃめちゃ重いと思います。

 

例えば、ロリポップで運用しているこちらのサイト、

かなりチューニングをして早くしたつもりですが、

サーバーが応答するまで1.7秒かかっています。

そもそもの、WordPressのテンプレート側が重いというのも、要因の1つですが・・・(汗

 

つまり、1.7秒間はお客様を待たせることになり、大きな弊害となります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-0-15-30

 

処理が早いサーバー、例えばmixhostでまったく同じ構造と内容のWordPressを表示してみたところ、

サーバーの処理速度は早いという評価を受けました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-0-15-40

 

どれだけ、画像を圧縮してみたり、キャッシュを使っても

そもそものサーバーの反応速度が早くない場合は、最終的にはページの表示速度が早くなりません。

 

一度、ご自身のサロンホームページの表示速度が、Googleからどんな評価を受けているか、確認してみてください。

 

 

サーバーの引越しをしてみる

WordPressのさまざまなチューニングをしても、

最後の砦で、サーバーのスペックがネックになってしまった時

サーバーの引越しをいよいよ考える時です。

 

でも、今まで使ってきたメールについては、今までのサーバーが使いやすいから、運用を続けたいという場合は、

メールサーバーと、WEBサーバーを分けるということも可能です。

 

今回は、皆さんがよく使っている

  • ムームードメイン
  • ロリポップ

をベースにして考えてみます。

 

mixhostを使ってみる

WordPressが快適に動く高速サーバーといえば、xserverやwpxなどが有名です。

ただ、最近僕が興味を持っているのは、mixhostです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-0-37-35

月々490円程度で、このスペックを使えるのは、かなりお得です。

 

サロンオーナーさんの多くが、ロリポップを契約されていると思います。

おそらく、月額で考えると、500円以下。

中には290円くらいで運用されている方もいらっしゃります。

 

しかし、50GBほどのサーバー容量を使い切っているサロンさんって

ほとんどいないと思います。

 

それであれば、mixhostは、月額490円のプランだと10GB程度ですが、ここでもいいのかなと思いました。

 

 

だから、サーバーをまるごと引越しをすればいい

というのは、誰でも言えることなので、

この記事では、

メールは今までのサーバーをつかって行き、

ホームページは高速サーバーを使っていく

 

という話をしていきますね。

ロリポップの300円と、

mixhostの490円を合わせても

月々780円ほどで運用できます。


構成を決める

まずは、構成を決めます。

ホームページは、mixhost で運用する。

メールは、ロリポップで運用する。

 

このための設定をムームードメインに書きます。

 

カスタム設定のセットアップ方法

https://muumuu-domain.com/?mode=guide&state=custom_setup#5

ムームードメインでは、ムームーDNSを使って設定します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-3-24-52

Aレコードは、ホームページがある場所を指します。

MXレコードは、メールを管理する場所を指します。

TXTレコードは、メールを管理する場所が安全であることを宣言します。

 

つまり

  • A mixhostのIPアドレス 123.456.789.00 など
  • MX ロリポップのホスト名 987.654.321.00 など
  • TXT ロリポップのIPアドレス “v=spf1 ip4:987.654,321,00 ~all” など

と設定をして、ホームページとメールサーバーを切り分けます。

これで、ホームページは高速サーバー、メールについては大容量のサーバーを使い分けることが可能です。

 

注意点

運用していく中で、いくつか気をつけるポイントがあります。

単純に、切り分けるだけなら、上記の通りでいいのですが、システムを運用しているとそういうわけにはいかないケースもあります。

 

プログラムが自動返信メールを配信している場合

例えば、mixhostに設定したWordPressで、お問い合わせに対して自動返信メールを送る場合。

自社ドメイン宛の送信サーバーを見つけることができず、エラーになるケースがあります。

参考

ウェブサーバとメールサーバを分けたら自社ドメインにメールが飛ばなくなった
http://wald-grun.biz/web/server/5748/

この時は一度、別のメールアドレスを経由する必要があります。

ロリポップの場合は、

独自ドメインメール 以外の、ロリポップドメインメール などに一度メールを送り、

ロリポップドメインメール → 独自ドメインメール と転送をかける必要があります。

 

WEBメーラーを使う場合

WEBメーラーを置く場所によっては、上記と同じ理由で、送信ができないことがあります。

例えば、mixhost内にWEBメーラーを設置し、ロリポップのメールサーバーの送受信をしようと思うと、

受信はできても、送信ができないと思われます。

 

その場合は、mail.独自ドメイン などのサブドメインをロリポップ内に設置し、

Aレコードでロリポップを参照するようにして、

同一サーバー内で、送受信が完結するようにすると、無事にやり取りができたりします。

 

単なるDNSの設定ミスという場合もあるので、難しい場合は詳しい方に相談してみてください


まとめ

弊社では実際に、mixhostでサイトを表示し、容量の大きなサーバーでメールの運用をしてみています。

最初の設定では、いくつかの弊害がでて、かなり焦りました。

 

しかし、それぞれに対応策があるので、無事に運用できています。

 

そもそも、高速で大容量なサーバーを自社だけで借りられる場合は、それでまったく問題ないです。

月々2000円くらいのサーバーであれば、「重い」と感じることは減りますし、

メールの容量を圧迫することもないでしょう。

 

ただ、ロリポップの安さも捨てがたいですよね。

メールサーバーだけ と、割り切るのであれば、

ムームーメールも月50円で使えるので、めっちゃお得です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-3-48-44

 

確かに、「サーバーの設定? そんなのわからないから、契約しやすいところでいい」というのは、

その通りだと思います。

 

でも、サーバーの設定は、1度してしまえば、その後意識することってほとんどないと思うのです。

はじめに1回だけ、専門の方に設定をしてもらえば、お客様にとっても快適になります。

 

ホームページでの集客に力を入れている場合は、サーバーの見直しをしてみるのも、いいかもしれません。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
こんな記事も読まれています
mautic is open source marketing automation