小さなサロンのホームページは、検索を制せ

最近、修飾子を見ると多少の胸焼けがする水野です。

「キラキラ」とか、「ふわふわ」とか。

 

あぁ・・・この導入も、ちょっと苦手になってきています。

「 最近、◯◯のダレダレです」的な。

 

あと、メルマガの冒頭にプロフィール写真が入っているのも、最近ちょっと苦手です。

 

話がそれました。

 

ちょっと話を戻すと、「検索を制するサロンは、ホームページを制する」という話でしたね。

ここ、wifi飛んでるな・・。


多くの方には信じてもらえないので、たぶん嘘だと思うのですが、

最近、四六時中、サロンのホームページ集客のことを考えています。

 

ホームページのトレンドとか、

検索のトレンドとか。

 

そして時々、

「最近は、どういうホームページがいいんですか?」という

疑問の輪廻転生を数回繰り返して、逆に含蓄のある疑問を投げかけられるので、

その都度、考え込んだりしています。

 

で、行き着いた結果としては、

「検索を制するものは、ホームページを制す」でした。

 

あ、いま、

あなたのパソコンについているWEBカメラ越しに

「あー、はいはい、SEOの話ね」的な顔が浮かんでいる様子を想像しました。

 

そうなんですが、そうじゃないので、もう少し話します。

 


ホームページの戦略を、難しく解説したがる人から言わせると

”最近の検索エンジンの動向を解析して、

最適なアチーブメントをもたらす施策を

最高のモチベートとパフォーマンスで行う”

的な話になるんですが、

 

この記事的に、もうすこしシンプルに言うと

いったい、そもそもどんな言葉で検索されているんだろう?

ということに、胸を膨らませるべきだと思うのです。

 


多くのサロンが、「目的」で検索ワードを考えます。

例えば、痩身エステサロンであれば、「痩身」とか。

 

「痩身エステ」で検索をすると、山のような広告サイトが結果で表示されます。

あえてキャプチャは貼りませんが、単体のサロンが上位になるのは、厳しいワードです。

 

とても口の悪い言い方をすると、

目的での検索ワードは、とても安直なのです。

誰でも思いつくし、誰もが狙っている。

 

 

そこで、こんな切り口でキーワード解析をしてみました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-58-09

痩身というワードでは、1000件〜1万件の月間検索ボリュームで、競合が多い。

ところが、「痩せられない」というワードですと、同じくらいの月間検索ボリュームなのに、競合が少ないです。

 

”どんな言葉で、検索されているんだろう?”と、考えた時

目的と課題の、両方で調べてみることをお勧めします。

みんな大好き、Googleキーワードプランナー

https://adwords.google.com/ko/KeywordPlanner/

 

痩せたい のが目的であれば、

痩せられない のが課題です。

 

多くの場合、課題の方が、目的と同じくらいの検索ボリュームなのに、競合が少ないです。


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-6-21-25

例えば、

「綺麗になりたい」というワードは、検索数も多いですが、競合もあります。

一方、「自分の顔が嫌い」のほうは、検索数も減りますが、競合が少ない状態になります。

 


お金の悩みでも同じです。

稼ぐのと、稼がなくてもいい生き方とでは、稼ぐほうがニーズがあります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-6-23-12

けれど、「節約したい」のほうが、同じくらい検索されているのに競合が少なかったりします。


 

「ホームページを作るなら、検索上位に」的なことを言われますが、

そもそも、どんな言葉で上位になるかって、すごく大事です。

 

検索ワードのトレンドも見てみましょう。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-55-06 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-54-58

 

シワとか、シミとかは、10年前よりも検索ボリュームが増えていっていますが、

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-55-29

アンチエイジングは、どうやら勢いが衰えているようです。

 

 

結婚をしたい人も増えていますが、結婚したくない人も増えているようです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-53-04


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-52-47

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-52-29


アロマテラピーや、アロマセラピーというワードは、

どうやらちょっと、勢いが落ちているようです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-50-42


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-49-16


 

一方で、アイラッシュとかは、まだまだ勢いがあったりします。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-49-37


 

エステは、横ばいですね。%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-5-49-26


 

単純に、SEO って言われても、

「そもそも、どんなワードで見つけて欲しいか」がないと

どんな言葉でブログ記事を書けばいいかとかも、変わってきちゃいますよね。

 

ちなみに、このホームページは、

サロン ホームページ」を、今のところ、表の目標に置いています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-6-37-45

まぁ、デコボコありますが、6位くらいには来るようになりました。

 

でも、皆さんのニーズはそこにはないんです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-6-39-25

ほとんどの方が、

「写真の向きが〜」とか

「Facebookが〜」とか

「アメブロが〜」とかで、アクセスいただいています。

そもそも、「サロンホームページ」という記事を、あまり書いていないですしね・・・。

 


小さなサロンのホームページは、検索を制せ

話がかなり、自由奔放なダンスを踊っていましたが、

小さなサロンのホームページを運用する場合は、やはり、「検索」を意識するべきだなと思います。

 

しかも、

「地域名 + 技術名」とかではなく、もっととんがったフレーズ。

 

エステサロンなら、

「フェイシャル 名古屋」とかではなく、

「シミが消えない」人向けのフェイシャルでもいいわけです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-6-47-08

 

昔の合戦で、大手サロンが火縄銃を持っているのなら、

小さなサロンが持っているのは竹槍だったりします。

 

竹槍で、ホームページの大海原にでるのではなく、

竹槍が功を奏する場所を、探すべきだと思うのです。

 

けっして、「大きな検索ワードを狙うな」ということではありません。

東京 アーユルヴェーダ」というワードで、1位〜2位を取り続けて、

サロンを運営し続けているサロン様もあります。

東京のアーユルヴェーダサロン VERMA様

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-16-6-50-50

 

まずは、竹槍で攻められる場所を攻めてから、

名をあげて、もっと上位のワードを攻めればいいと思うのです。

 

身の丈にあった検索ワードを、確実に攻略する。

ドラゴンクエストでも、最初にロトの剣は手に入りません。

 

ひのきの棒で、倒せる敵から制していくのが、王道ではないでしょうか。

このページについてのお問い合わせ

必須お名前
フリガナ
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度
メッセージ
こんなブログも読まれています