ニッチなニーズを見逃さないためのGoogle活用法 | サロンのホームページ制作 Healing Solutions

ニッチなニーズを見逃さないためのGoogle活用法

このサイトが、今現在狙ってみているSEOキーワードは、

「検索結果 上位」というものです。

特別なSEOにお金をかけるのではなく、

みなさんのホームページの、検索結果の上位表示に役立つ情報を、
少しずつ載せてみています。

記事を書き始めてから、順調に順位が上がってきていて、
今は、28位です。

スクリーンショット 2014-02-04 7.17.51

 

このワードは、特にニーズの大きなワードではありません。

月間検索数としては、110件ほどのニッチなワードになります。

スクリーンショット 2014-02-04 7.20.59

 

しかし、なぜこのワードを狙ってみようと思ったかと言うと、

Googleのアクセス解析の、「どんなワードでアクセスされているか」という部分を見たからです。

これは、このサイトがどんなワードで検索されているかという表です。

スクリーンショット 2014-02-04 7.23.26

一番右にあるパーセントは、CTR(クリック・スルー・レート)といって、

表示回数に対する、クリックの割合です。

10回表示されていて、5回クリックされたら、50%ということになります。

 

「検索結果 上位」というワードでは、

たった5回の表示。しかし、その5回ともクリックされています。

 

もしかしたら、同じ人かもしれないし、母数が少なすぎるのであてにならない指標かもしれません。

けれど、この100%というCTRには、興味を持ちました。

 

そこで、

「まぁ、大きなキーワードじゃないし、ブログを書くことで狙えそうなワードだから、行ってみるか」

というのが、今の状態です。

 

それでも、28位にまで上がってきました。
5位以内くらいは、とりたいものです。

ニッチなニーズを、見逃さない

サロンのホームページでも、CTRを意識して、順番に並べて見ると、

思いもよらないワードが、情熱的にクリックされているケースがあります。

そういったニッチなワードをみつけることで、
自分のサロンの価値を客観的に再発見するというのは、大切なことだと思います。

 

このCTRという数字は、特別に難しいものではなく、

Googleでアクセス解析をしている方なら、基本的には誰でも見ることができます。

1.Googleのアクセス解析を導入している

2.Googleのウェブマスターツールを設定している

3.その2つを連結させている

という条件はありますが、難しくないので、やってみましょう。

Googleのアクセス解析を導入する

スクリーンショット 2014-01-17 17.44.46

まずは、Googleのアクセス解析サイトに移動(Google Analytics)

https://www.google.com/analytics/web/

 

新規登録をしてサイトを追加すると、こんな感じの「トラッキングコード」が出てきます。

スクリーンショット 2014-01-19 11.28.52

この辺りの詳細は、過去の記事でもご紹介しています。

『なにはともあれ、GoogleAnalytics(アクセス解析)』
https://www.healing-solutions.jp/blog/archives/139

 

Googleのウェブマスターツールに登録する

検索の世界は、Google帝国です。

つまり、Google様に気に入ってもらえるかどうかが、とても重要です。

そのために、Google様に自分のサイトのURLを持ってご挨拶に伺うためのツールです。

https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

 

サイトを追加というボタンの横に、自分のホームページのURLを入力して、

「サイトを追加」ボタンを押すと、所有権の確認画面になります。

スクリーンショット 2014-02-04 7.35.39

HTMLファイルをアップロードする方法を推奨してくれているんですが、ちょっとわかりにくいです。

スクリーンショット 2014-02-04 7.38.39

そこで、「別の方法」をクリックしてみます。

すると、こんな画面に切り替わり、

先ほど設定した、「Googleアナリティクス」を使って確認できるようになります。

スクリーンショット 2014-02-04 7.40.29

 

確認すると、ウェブマスターツールのダッシュボード(管理画面のトップページ)を見ることができます。

スクリーンショット 2014-02-04 7.42.18

たったこれだけで、Googleウェブマスターツールへの登録はとりあえず完了です。

ここに、「検索クエリ」というものがあります。

ここでも、始めに表示したCTRの数値を見ることができます。

まだまだ結果が芳しくないので恥ずかしいのですが、自分を奮い立たせる意味も込めて、さらしておきます。

スクリーンショット 2014-02-04 7.44.22

ただ、こうすると、

Googleアナリティクス(アクセス解析)と、

Googleウェブマスターツール(ホームページ管理)と、

2つのサイトを見なければいけないので、

あと一手間かけて、この2つのサービスを連結しておきましょう。

Googleアナリティクスと、Googleウェブマスターツールの連結

Googleアナリティクス(アクセス解析)のページに移動します。

https://www.google.com/analytics/web/

その左側に、「検索クエリ」というメニューがありますので、これをクリックします。

スクリーンショット 2014-02-04 7.48.06

 

すると、こんな共有設定のページが表示されます。

スクリーンショット 2014-02-04 7.49.51

 

すると、プロパティ設定というページに移動するので、一番下までスクロールをします。

スクリーンショット 2014-02-04 7.52.11

ちょっとわかりにくいのですが、
「ウェブマスターツールの設定」という項目の中に、「none 編集」という部分があるので、

この「編集」のリンクを押します。

スクリーンショット 2014-02-04 7.54.29

すると、一旦、Googleのウェブマスターツールのサイトに移動して、

自分が管理しているサイトのリストが出てきます。

ここにチェックを入れて、「保存」をおすと、

2つのサービスを連結することができます。

 

あとは、Googleアナリティクス上で、Googleウェブマスターツールの「検索クエリ」を見ることができるので、

サイトを行き来しなくて済みます。

スクリーンショット 2014-02-04 7.58.20

 

サイトの検索結果上位表示には、直接的には関係ありませんが、

一度設定しておくと便利になる機能なので、チャレンジしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
こんな記事も読まれています
mautic is open source marketing automation