なにはともあれ、GoogleAnalytics(アクセス解析) | サロンのホームページ制作 Healing Solutions

なにはともあれ、GoogleAnalytics(アクセス解析)

既にご存知の方もいると思いますが、
YahooとGoogleが、日本の2大検索エンジンとなっています。

しかも、Yahoo Japanは、Googleの検索システムを採用している。

つまり、検索エンジンのほとんどを、Googleが牛耳っているGoogle帝国です。

 

ホームページメインで集客しているサロンの場合、
検索結果上位に表示させるには、ホームページがGoogleさんに気に入られる必要があります。

すでに、Gmailなどのアカウントを持っていて、Googleにログインできるということを前提条件として、
今回は、そのための基本的な方法をおさらいします。

 

また、ホームページ自体のSEOについては、こちらの記事も参考にしてみてください。

https://www.healing-solutions.jp/blog/archives/107

http://www.google.com/intl/ja/analytics/

GoogleAnalyticsは、Googleが提供するアクセス解析サービスです。

このサービスは、アクセス解析を行えるだけでなく、
次に紹介する「ウェブマスターツール」というものの認証にも使うことができます。

スクリーンショット 2014-01-17 17.44.46
 
 
ここから、お申し込みをします。
Gmailにログインしている場合は、スムーズに登録完了になります。
 
スクリーンショット 2014-01-17 18.12.45

 

はじめて利用する場合は、こんな感じの、どんな解析を行うかを確認されます。

「ユニバーサルアナリティクス」と、「標準のアナリティクス」という、
2つの候補があります。

 

スクリーンショット 2014-01-17 18.13.56

ユニバーサルアナリティクスのほうが、高機能なのですが、
まだ対応していないサービスもあったりするので、
特別な場合以外、現段階では「標準のアナリティクス」で良いと思います。

スクリーンショット 2014-01-17 18.14.24

あとは、基本的な項目を埋めると、

こんな感じの「トラッキングコード」というものが出てきます。

スクリーンショット 2014-01-19 11.28.52

これを、すべてコピーします。

貼付ける場所について、Googleは </head>の直前に貼付けるように推奨しています。

 

「貼付けるようにしましょう」と、さらっと言うことはできるんですが、

多くのサロンさまがそれに対応するには、2つの問題が生じると思います。

 

1.まず、ファイルの変更の仕方がわからない

2.変更したけれど、それをどうすればいいかわからない

 

ここをブログで説明するのは、自分のやることじゃないと思うので、
以下に、Windowsで必要なツールを紹介しておきます。

 

テキストを編集するためのフリーソフト「さくらエディタ」
http://sakura-editor.softonic.jp

ファイルをアップロードするための定番「FFFTP」
http://www.vector.co.jp/soft/win95/net/se061839.html

 

基本的には、この2つがあれば、ホームページは変更できます。

まぁ・・・ページ数が100ページあるときは、100ページとも1つずつ修正しなくちゃいけないので、
その辺りがネックになってしまうと思いますが・・(汗)

 

やっぱり、ホームページを簡単に更新するためのCMSは、
多くのサロン様で導入した方が良いと思うなぁ・・・。

ホームページで集客をしているサロン様は、特に。

 

ということで、今回はGoogleAnalyticsについての簡単な紹介でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
こんな記事も読まれています
mautic is open source marketing automation