Googleの順位が1位から圏外になったときの3つの対応 | サロンのホームページ制作 Healing Solutions

Googleの順位が1位から圏外になったときの3つの対応

先日、今まで1位だったお客様のホームページの順位が、一気に圏外か、60位くらいにまで下がるという事件が発生しました。

スクリーンショット 2014-07-20 23.36.22

その後、1週間程で元に戻ったのですが、その間は本当にひやひやでした。

原因としては、おそらくテンプレートを入れ替えた事の影響だと思います。
Googleが再審査を済ませる間、順位が一気に落ちたんじゃないかと推測しています。

 MAX87_guragurasuru20140531500

 

圏外になった時にできる対応

一番大切なことは、圏外になった原因を探る事だと思います。

ただ、これには専門的なスキルや知識が、多少なりとも必要になるので、

ここでは、できるだけシンプルに調査できる方法をお伝えします。

MAX85_searchsa20140531500

 

1.まずは、ペナルティを受けていないかチェックする

Googleが、何らかの理由であなたのサロンを違反だとみなし、ペナルティとして圏外に飛ばしている可能性があります。

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=サイトのURL

 

ペナルティのチェックは、「サイトのURL」というところに、あなたのサロンのホームページのアドレスを入れます。

例えば、ヒーリングソリューションズのホームページであれば

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=healing-solutions.jp

となります。

ほとんどの場合、普通に運営していてペナルティを受ける事はないとおもうのですが、

念のため、こちらを調べておきましょう。

 

情報の重複を調べる

これには、Googleのウェブマスターツールを使います。

「ニッチなニーズを見逃さないためのGoogle活用法」
https://www.healing-solutions.jp/blog/archives/263

こちらの記事でも紹介したように、

Googleのウェブマスターツールに登録をしてあるということを前提として話します。

ウェブマスターツール トップ
https://www.google.com/webmasters/tools/home?hl=ja

 

ウェブマスターツールにアクセスをして、自分のサイトを見てみます。

スクリーンショット 2014-07-21 0.06.16

ダッシュボードに移動すると、こんな感じで重要な3つの要素を表示してくれます。

左から、

  • 閲覧できないページがないかどうか
  • どんな言葉でどのくらい検索されているか
  • あなたのサロンのホームページをどのくらいGoogleが知っているか

という3つです。

 

この中の、「クロールエラー」を見てみます。

すると、あなたのサロンのホームページの中で、たどり着けない場所がどのくらいあるかを教えてくれます。

あまりにもリンク切れが多かったり、突然アクセスできないページが増えた場合は、どうやらGoogleに怪しまれるようです。

この部分、チェックをしてみましょう。

スクリーンショット 2014-07-21 0.10.11

 

つぎに、ウェブマスターツールの「HTMLの改善」という部分を見てみます。

スクリーンショット 2014-07-21 0.11.46

すると、「重複するメタデータ」という資料をみることができます。

つまり、概要やタイトルが同じになっているページがどのくらいあるのかを調べられます。

スクリーンショット 2014-07-21 0.14.03

Googleは、複製したページを嫌います。

なので、この情報が重複していると、Googleからはよく思われないようです。

1ページずつ、タイトルや概要を変えるように調整しましょう。

 

ホームページの構造をチェックする

最後に、「ホームページがちゃんと作られているか」という部分をチェックします。

これには、Another HTML-lint というサービスを使います。

http://www.htmllint.net/html-lint/htmllint.html

ここに、あなたのサロンのURLを入れてチェックをしてみます。

すると、どのくらいの記述ミスがあるのかを調べてくれます。

スクリーンショット 2014-07-21 0.17.48

 

ただ、新しい技術を使ったりすると、どうしても減点をうけやすくなるので、
必ずしも100点のページがいいとは限りません。

それでも、減点が少ないにこしたことはないので、30点〜50点を目標に、ホームページの構造を修正してみましょう。

 

 

まとめ

Googleの検索順位が1位だったサロンが、圏外になると、ものすごく大きな集客ダメージを受けます。

こちらは、とあるサロンがどれくらい検索されているかを現すデータです。

スクリーンショット 2014-07-21 0.20.05

普通は、毎日200件程度は検索されているホームページが、一気に10分の1の検索ボリュームになりました。

そして、順位が1位に戻った時には、すぐにもとの検索頻度に戻っています。

OZPA87_kyuunishinzouga20130707500

 

検索の上位にいることが、どれくらい大事かを感じさせられる数字だなと思います。

まずは、こつこつと安定したSEOを積み上げて行く事が重要です。

それでも、新しい事にチャレンジをしたりすると、どうしても失敗がつきもの。
そんな時は、最低3つのことをチェックしてみてください。

その中で、原因が見えてくるものもあると思います。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
こんな記事も読まれています
mautic is open source marketing automation