サロン集客は、導線を意識する | サロンのホームページ制作 Healing Solutions

サロン集客は、導線を意識する

サロンの集客ツールって、たくさん選択肢があります。

・ホームページ

・SNS(FacebookやTwitterなど)

・名刺

・ショップカード

・ポストカード

・パンフレット

・リーフレット

などなど。

C00162-001N

 

いったいどれから手をつけたら良いのかとか、

「どれを作れば良いですか?」

と、相談を受けることがあります。

 

何から手を付けたら良いかというのは、

「あなたは、何が得意なのか」から、始めた方が良いと思います。

 

例えば、人に会うのが得意なのか、インターネットを使いこなすのが得意なのか、

文章を書くのが得意なのか・・・。

 

一番得意なことを、一番フロントに持ってくるべきだと、
思っています。

 

その時に、導線を意識する。

 

例えば、あなたのサロンのチラシを見た人が、1万人いたとして、

そこからホームページを見る可能性が1%だったとすると、

100人の人がホームページにアクセスをしてくれる計算になります。

 

100人の人がホームページを見て、

実際にご予約をしてくださる人が1%だったとすると、

1人の方が予約をしてくださります。

 

つまり、1万枚の労力が、1人のお客様を生むと考えた時、
労力をさけるものから、着手をするほうがいいと思います。

「効率」「システム化」
いろいろと、聞こえのいいことはたくさんあります。

 

「もっと、楽にできるのでは?」

「もっと、効率よく集客したい」

そんな想いが頭をよぎることもあると思います。

 

ただ、多くの場合は、地道な努力と、「根性」だと、思っています。

その2つがある人が、効率の良いツールを選択した時に、

レバレッジが効いてくるのだと思うのです。

 

精神論では経営はできない部分もあるでしょう。

けれど、精神の無い運営は、お客様のハートを揺さぶりませんよね・・。

 

まずは、精神論。

「がむしゃらに」
「夢中に」
「楽しく」

できることを見つけて、そこから動き出してみるサロンが、
​うまくいく可能性の高いサロンだと、思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
こんな記事も読まれています
mautic is open source marketing automation