今日から、
日本を変える。

弊社の社会に与える影響について。


今日から、日本を変える。

前回の宣言文は、こちら

日本でも、世界でも、悲しい事件が、続いています。

残念ながら、僕には、この問題を「明日」解決する力はありません。

1年後も、解決できないし、

日本中の問題を、同時に解決することも、できません。

 

しかし

 

今の、僕らの子どもが、大人になった時

その子の近くに、同じ『平和』や『協調』の価値観を持った人が

一人でも多くいれば

相乗効果で、可能性は指数関数的に増えます。

その火種は、今日から作ることができます。

 

もちろん、「子ども」が全てでは、ありません。

 

話し合って、子供を作らなかったご家庭も、あるでしょう。

希望したのに、子どもを授からなかったご家庭も、あるでしょう。

 

僕らの家族も、何度も何度も話し合って、何十万円もお金をかけて

幸運なことに、不妊治療を経て、一人の娘に恵まれました。

http://papa-bu.com

 

しかし、

不妊治療で、さらにママの身体に負担をかけ、

何十万円も投じたのに、二人目には恵まれませんでした。

(名古屋市の助成金として、15万円は助成していただきました。
本当にありがとうございます)

 

結果を知った帰り道

僕と妻以外には、きっと誰にも理解されない悲しみを、

家族で共有しました。

 

なので、子どもがいる幸せを感じつつも

「それが、当たり前ではない」ということも、理解しているつもりです。

 

 

もし、お子様がいらっしゃらないご家庭の方が、この先をお読みくださるとしたら

「子ども」という部分は、

あなたの大切な、掛け替えのない存在だと置き換えてお読みいただければ幸いです。

 


足りないのは、正しい愛情。

飽和の時代の中で、圧倒的に足りないのは、『正しい愛情』です。

「愛情だと思って、塾に通わせたのに」

「愛情だと思って、おやつをたくさん与えたのに」

それは、『正しい愛情』では、ありません。

 

塾に通わせる時間を作る前に、親が子どもの才能に正面から向き合う時間は、どれだけあったのか。

おやつを与える時に、その子の10年後の肌に出てくる影響を、どのくらい考えたのか。

「正しい愛情」という言葉には、多くの誤解を含みます。

 

どの愛情も、その人の中では、最善だということは、

神経言語プログラミング(NLP)を学べば、自ずと理解できることです。

その中で、

弊社の中で定義する『正しい愛情』は、

費やした時間が、全て無駄になったとしても、全く変わらず愛せる愛情です。

 

「こうなると思ったのに」

「これだけ時間とお金をかけたのに」

そんなことは、子どもには、一切関係がありません。

 

全て無駄になったとしても、

「それでも、大切な私の子ども」だと言い切れる。

 

子どもが一人暮らしをするくらいまでは、

向き合い続けられることだと考えています。

 

僕の子どもは、まだ2歳に満たないので、経験不足ですが

僕自身が、成人した後の20代までに、

親がしてくれた「無条件の愛情」に、人生を変えてもらったのは、事実です。

 

もし、僕の子どもが、万が一でも『正しい愛情』で向き合ったのに、

社会に人命に関わるご迷惑をおかけしたとしたら

 

それが、何歳の時であろうが、

『償い』などという、甘い解決は存在しないことも、十分理解した上で、

人生をかけて、僕自身が生涯、償いに取り組み続けます。

 

 


WEBにできる、社会貢献。

多くの、経営や教育の諸先輩方が、素晴らしい社会貢献をされています。

「社会貢献」と、わざわざ銘打たなくても、

企業の存在自体で多くの方に幸せを届けているケースも多くあります。

 

弊社は、それを規模で超えることは、目標としていません。

弊社には、弊社にしかできない、貢献があります。

 

代表の水野自身、今、仕事の9割を、自宅で家族と一緒の時間を過ごしながら、取り組んでいます。

その働き方や、その接し方に、賛否があるのも、承知しています。

 

否定される方は、他の多くの素晴らしい企業様と関われることを、弊社は望みます。

 

 

弊社にしかできないこと

そして、弊社の社会における存在価値は

弊社に関わるパパや、ママたちが、子どものそばに居られて、

子どもが投げる愛情に、正面から向き合う時間を、少しでも増やしてもらうこと。

 

WEBのお仕事であれば、

子どもの近くにいながら、パソコンとインターネット回線だけで、取り組むことができます。

子どもが、そばにいる時は、

全力で子どもの笑顔や悩みに、向き合ってください。

子どもが寝ている時や、学校に行っている時は、

仕事を通じて、クライアントの笑顔に徹底的に向かいあってください。

 

学校から、トラブルの連絡があったのなら

仕事のことはチームに丸投げして、

何をおいても、子どものそばにいてください。

 

トラブルの時は、

「仕事だから」という、言い訳など

一切、しないでください。

そのために、助け合えるチームを作っています。

 

 

一人一人が、自分の子どもに正面から向き合えば

そして、関わるチーム同士で、子どもとの関わり方の悩みや相談を共有して

家庭の愚痴やトラブルを、共感し合える仲になれば。

「正しい愛情」は、指数関数的に増えていく。

 

それが、弊社にできる、「日本の未来を作る仕事」であり

「世界から見た日本の価値を作る仕事」だと考えています。

 


限りなく、ゼロに近づける

弊社が、今取り組んでいることは、「知識」を限りなく、無料に近づけることです。

なぜなら、難しい知識が無い方にこそ、関わっていただきたいからです。

 

「WEBで仕事をしたいけれど、お金がかかるし・・・」

弊社なら、無料でWEB制作のツールと、ノウハウを提供します。

 

「道具を揃えるのに、お金がかかるし・・」

弊社なら、ほぼ無料(サーバー代などの実費は必要)で納品ができる、WEB制作のツールを配布します。

 

なぜ、ゼロに近づけるのか。

それは、関わる人の利益を最大化するためです。

 

シーソーでも、何かを高めるために、別の何かにウエイトを置く必要があります。

弊社は、利益を高めるために、「知識」についてのウエイトを無料にします。

 


無料で、どう儲けるのか

ペライチや、Wixや、Jimdoや、AmebaOwndなど、

そして、何よりも、弊社が扱うWordPressの中でも、

無料で素晴らしいホームページを作るツールが溢れてきました。

 

繰り返しますが

素晴らしいデザインのホームページは

無料で、どなたでも作れる時代になりました。

 

 

また、AI(人工知能)が、人間に代わって仕事をする時代になります。

その中で、弊社の「知識」における価値は、存在意義をなしません。

 

その中で、弊社と、弊社のチームにできることは

「お客様への、正しい愛情」を、伝えること。

 

そこに、弊社の価値があると、考えています。

観念的な話を、より具体的にお伝えすると、

 

いかに、お客様一人ひとりの課題やニーズに向き合うか。

自動計算ではじき出された解決策ではなく

不安や、将来の展望や、漠然とした数字にならない希望に

どれだけ気付けるか。

 

だからこその、「子育ての、正しい愛情」を、求めているのです。

 

 

耳障りのいい営業トークをして、顧客は育ちますか?

かといって、放置をし続けて、顧客は喜びますか?

 

先述の話と、重複しますが

便利なAIや、自動ツールが行う「感情的なヒアリング」は、無料でご提供すればいいのです。

 

それについては、弊社も取り組みます。

しかし、存在価値は、違います。

 

弊社の存在価値は、「正しい愛情」。

 

弊社は、そこで、他社よりも高い金額を頂戴します。

そこには、他社よりも、向き合い続けるという覚悟を込めているからです。

 


WEBで、日本を変える

ようやく、そう思えるようになりました。

 

というのも、WEBの世界は専門家が多く、

僕など簡単に論破できる先輩方が無尽蔵のように存在するからです。

 

見た目の美しいホームページを望むのであれば、弊社である必要がありません。

高度なシステムを望むのであれば、弊社である必要がありません。

 

弊社は、「お客様への正しい愛情」をもって、

お客様の利益の最大化に貢献いたします。

 

そこに対して、他社よりも高額な対価を、ご請求いたします。

 

その利益が、弊社に関わる「パパ」と「ママ」の、大切な子どもたちの未来に貢献できるよう

若輩ながら、研鑽と貢献を、し続けてまいります。